住宅は価値が高いうちが勝負┃不動産売却はすぐ買い手が見つかる

リスク対策は購入時にある

アパート

長期間空室を回避させる

ローンを組んでマンションの一室を購入しマンション投資を行う場合、一番頭を悩ますのが物件探しです。空室のリスクを最大限回避するために、物件選びは、駅に近い物件や商業施設の充実している地域、そして新築など選ぶ基準は様々です。しかし、ローンを組んで最長数十年運営することを考慮すると物件の耐用性や管理体制にも目を配ることが大事なポイントとなります。日本のマンション投資はどうしても新築が人気になります。古くなれば建て直されることが一般的だからです。しかし管理体制が行き届いている設備の場合には、家賃こそ新築時より安くなりますが、借り手の需要がなくなることはありません。そのため、物件は管理が十分になされている物件を選ぶことが大事なポイントとなります。

管理体制を把握する

マンション投資における管理体制は主に15年単位で行われる大規模修繕に対してどのように計画しているかを見極めることが大事です。もし15年単位で行われる大規模修繕を見込んでいるのであれば、積み立て修繕費が各戸に課せられます。管理費用が安いことに魅力はありますが、必要経費としてしっかりと管理を計画的に行っている物件こそ長く続けることが可能になるのです。またしっかりとした管理会社が管理している物件であれば、入居者の需要を減らすことにはなりません。マンション投資では、最低限ローンが完了するまでの間に空室を発生させることのないように、購入時にすでに考慮しておくことが大事になるのです。空室は収入がゼロになる最大のリスクとなりますので、リスク管理の一環として対策をとる必要があります。